クラッチヒッターは存在する!そのセイバーメトリクスの常識を疑え

未分類
11 /03 2015
LADのGMであるザイディは、元OAKでビーンの右腕もあった男であり、バリバリのセイバーメトリシャンでありますがクラッチヒッターの存在を認める発言をしたようであります。「ベースボールはメンタルのスポーツでもあり、応援に力はある」にも示したように、ベースボールもまたメンタルなスポーツであることがセイバーメトリクス的にも明らかになっている以上、大舞台に強いクラッチヒッターが存在することはまた自明なこととなります。

たしかにPOはサンプルが小さいために、勝負強さとは単なるデータの偏りが出ているに過ぎないという可能性はあります。つまり偶然たまたまその期間に限ってラッキーマンとして一躍脚光を浴びる選手がいるに過ぎず、大舞台に強いクラッチヒッターなんてものは本当は存在しないとセイバーメトリクスでは一般に考えられています。しかし敢えてその常識をこそ疑えと言いたい。大舞台で活躍する選手の中には単にラッキーマンのような偶然活躍した選手がいることも当ブログでは認める立場を取ります。しかしそれによってすべてが説明できるものではなく、大舞台になり、ギアが切り変わりまるでスーパーサイヤ人と化すように実力が通常時よりも増し、本物のクラッチな選手がいることを見過ごしてはならないのではないか。


大舞台で活躍するラッキーマンの中に、本物のクラッチな選手が存在しているのではないかということです。例えばそのクラッチヒッターの代表例が長嶋茂雄である。(この記事の最後に驚愕の数字を掲載しておきます。)長嶋茂雄は大舞台のチャンスになればなるほど緊張感の中にあって「さあ、いらっしゃい!」という気持ちになると言う。大舞台の緊張感から来るプレッシャーを自らの力の源泉としていたのが長嶋茂雄という選手であった。同じようにそのプレッシャーと懸命に闘いながら通常のプレーを着実にこなせる選手もいる。逆にそのプレッシャーが選手を委縮させ足が震える選手もいれば、あるいは妙な力みとなって通常のレギュラーシーズンのような活躍ができないカーショウのようなタイプも現実にいる。一般には経験がないと、いざリーグ優勝を目の前にするとプレッシャーによって体が言うことを効かなくなるとはよく耳にする話です。


ベースボールもまたメンタルのスポーツである以上、プレッシャーをどう捉えるかは様々であるが、その中には長嶋茂雄のようにプレッシャーを自らの原動力そのものにできる特別な選手がいることは容易に想像がつきます。大舞台に単なる偶然に大活躍する選手(ラッキーマン)がいる一方で、その中には真のクラッチな選手というものが実在し、大舞台に強いという才能もまた特別な選手に備わった強力なツールなのではないか。そのことを率直にザイディGMは認めている。個人的にはセイバーメトリクスを研究しつつもクラッチな存在を認める立場を選び取っている以上、ザイディGMの見識は実に腑に落ちるのです。


これは過去の記事の抜粋を再掲です。

「松井やバムガーナーのように大舞台になればなるほどより心が静まり不動心によって、集中力が研ぎ澄まされてくるタイプと長嶋茂雄やオルティースのように大舞台になればなるほど、魂がバーニングし潜在能力を引き出してくるタイプの2種類のタイプがいる。すなわち大舞台に強い選手にも陰性と陽性タイプがある。

そして大舞台に強いタイプがいるということはその逆もいるということになる。Aロッド、カーショウ、プライスなどが大舞台に弱いタイプとして今のところ分類されることになります。」

カーショウも大舞台を何度も踏むうちに、経験という力によって無類の強さを発揮するようになる可能性はあります。経験も力になる。


いつまでも一級のセイバーメトリシャンがクラッチな存在を認めていないという固定概念を持っていてはならないだろう。やがてクラッチを認めない考え方そのものが時代遅れになるに違いない。POに強い選手だという価値もマーケットはいずれそれなりに評価するようになる。

最後に長嶋茂雄の成績を示しておく。

日本シリーズ 通算得点圏打率 .371
日本シリーズ 68試合 .343(265-91) 25本塁打
シリーズ初戦 12試合 .429(49-21) 4本塁打
1点差 .383(60-23) 6本塁打
優勝決定試合 8試合 .323(29-10) 3本塁打
皇室観覧試合 10試合 .514(35-18) 7本塁打
オールスター 43試合 .313(150-47) 7本塁打

日本シリーズという大舞台の68試合で25本ものHRをたたき出す真のクラッチこそ長嶋茂雄という選手である。130試合ベースで考えれば50本塁打ペース。相手がリーグ優勝した強豪のエース格ばかりであるにもかかわらずです。

ザイディGMの見識が正しいのか、その他諸々のセイバーメトリシャンの見識が正しいのか 後の判断は、各自に任せたい。


大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。