多国籍化が進むメジャーにおいて、ほんとうに人種の身体的特性によって適性ポジションはあるのか

歴史
05 /16 2019

先入観なくジャッキーロビンソンがカラーラインが突破された1947年移行、終身スタッツを投打共に眺めてみたい。果たして人種とポジションに関係性があるのかないのか。腕の振りがものを言う投擲系の競技は一般に白人が強く、スピードやパワーは一般に黒人やヒスパニックが強いと当ブログでは推論を立てている。

尚、2009年のレポートによると有色人種の割合は.39.6%、白人の割合は60.4%であり、カラーラインが突破される前は基本白人が100%シェアを占めていたと考えてもらっていい。(厳密には違うが誤差の範囲)

すなわち有色人種はこの70年の間に0%から40%までシェアを伸ばしてきたと言える。

では次に当ブログがチョイスした実にシンプルな投手と打者のスタッツの人種別の占有率を眺めていただきたい。もし当ブログの推測が正しければ、各スタッツの上位者には人種における大きな偏在が認められるはずである。

MLB(2017年) 白人57.5%、ラテン系31.9%、 黒人7.7%、アジア人1.9% 。


●通算奪三振数 1~10位まで

ノーラン・ライアン
ランディ・ジョンソン
ロジャー・クレメンス
スティーブ・カールトン
ロバート・ブライルベン
トム・シーバー
ドン・サットン
ゲイロード・ペリー
グレッグ・マダックス
フィル・ニークロ

すべて白人

●通算勝利数 1~10位まで

Gマダックス
Rクレメンス
Sカールトン
Nライアン
Dサットン
Gペリー
Tシーバー
Tグラビン
Rジョンソン


すべて白人


●fWAR  1~10位まで

ロジャー・クレメンス
グレッグ・マダックス
ランディ・ジョンソン
ノーラン・ライアン
ロバート・ブライルベン
ゲイロード・ペリー
スティーブ・カールトン
トム・シーバー
ドン・サットン
●ペドロ・マルティネス

10位のペドロもバーランダーに取って代わることになる

フィル・ニークロ

すべて白人




●通算HR数  1~10位まで(パワーを図る指標)

バリー・ボンズ
ハンク・アーロン
Aロッド
ウィリー・メイズ
アルバート・プホルス
ケングリフィJR
○ ジム・トーミ
フランク・ロビンソン
○ マーク・マグワイア

白人はわずか2人に過ぎない

●通算盗塁数  1~10位まで(スピードを図る指標)

ヘンダーソン
ルーブロック
ティム・レインズ
コールマン
モーガン
ウィリー・ウイルソン
バート・カンパネリス
オーティス・ニクソン
ケニー・ロフトン
ファン・ピエール

すべて黒人もしくはヒスパニックの有色人種

いかがだろうか。データに偏在があるかないか、もはや論評の必要すらないだろう。

結論

人種の身体的特性によって適性ポジションはあると結論する。ただし個々の選手を拾えばペドロやサバシアのような優れた黒人、ヒスパニックの投手はいるし、同様にトラウトやイエリッチのような優れた白人野手も存在することは言うまでもない。ここでは、そういう個々のケースの話をしているのではないことはご留意いただきたい。












大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。