セイバーメトリクス的には新人王は文句なしに大谷翔平がふさわしい理由を明らかにする

大谷翔平
09 /10 2018

大谷と新人王候補であるアンドゥハーを比較する際に、フェアーを気取って出場試合数が少ない、打率が300に達していない、規定打席に達してしない、本塁打の数が20本にあと一本足りず負けている、と大谷劣勢を分析するメジャーファンが多いが、セイバーメトリクスを理解していない人達によるフェアー気取りの分析よりも、彼らが主張することをすべて網羅しつつ限りなくフェアーな指標こそがセイバーメトリクスにはある。

それがWARという指標である。

特にこのWARという指標は健康というツールを過大でも過小でもなく適正に評価できるところに最大の特徴がある。つまり本来的にWARはアンドゥハー有利の設計となっている。。WARという指標の存在自体は誰でも知っているが、よく理解していない人が想像以上に多いために(コメント見れば一発でその理解度はわかる)fWARについて細かい部分は若干違うことは知りつつも、大筋においては正しく、わかりやすさを最優先させてこの記事は書くことにする。

大前提としてWARが無欠な指標ということはあり得ないが、その設計理念なりを正しく理解しかつ否定するのと、よく理解もせずに否定するのは全く違うことを最初に指摘しておく。

まずはざっと二人の数値を挙げる。

大谷      
OPS 964 打席数 289 DHポジション補正 -17.5 守備力 0

アンドゥハー 
OPS 853 打席数 497 3rdポジション補正 +2.5 守備力 UZR -13

まずポジション補正を見るとデフォルトでもし全162試合出場すると 大谷はDHであるために-17.5得点をくらうことになり、アンドゥハー+2.5得点加算されることになる。両者の差はこのポジションの難易度によってフル出場したならば、すでにデフォルトで20.0のアドバンテージがアンドゥハーに与えられることになる。

ちなみにこの20.0というアドバンテージの差はWARに換算すると2.0の差がつくことを意味している。2.0という数字をわかりやすく言うと、青木が全盛期に一年間フルで働いてようやくたたき出す数値である。青木メジャー通算5年で9.7WAR。これほどに大谷はDHとしてのハンデをセイバーメトリクス的には負っていることを知らなければならない。

実際大谷は162試合に出場しないためにポジション補正は-10.0得点前後を食らうことが予想される。(162試合DHなら-17.5のマイナスを食らう)。一方全試合を出場するアンドゥハーにはほぼ+2.5が与えられることになる。

よってふたりのポジション補正の差はちょうど13.0前後となる。この13.0という数値こそ、壊滅的な守備力で度々チームをピンチに陥れてきたアンドゥハーの守備力UZR-13.0とほぼ一致する。つまりいくらDHとサードというポジションの難易度に差があってもアンドゥハーの守備力の酷さがその差を完全にカバーしてしまっていることになる。それほどにアンドゥハーの守備力は酷いことがわかる。だから最近ではヤンキース、ゲーム終盤にはサードに守備固めを入れられる始末である。

では、次に攻撃力の比較をしたい。

たしかに打席数を見ると大きな差がある。OPSもアンドゥハーはしっかりした数字を残している。しかしヤンキーススタジアムという典型的なヒッターズパークをホームにしている打撃成績であるために、WARでは平均的なスタジアムをホームにした場合の補正がかかることになる。AL東地区はトロピカーナフィールドを除いてヒッターズパークが多数である一方、西地区のPFを見るとTEXのアーリントンを除いて典型的なピッチャーズパークが多数を占めている。

過去三年のホームPF平均を参考までに出してみる

ヤンキーススタジアム 1.080
アナハイムスタジアム 0.970

今回はこの数字を採用して先に話を進める。つまりよりフェアーに両者のOPSも平均的なボールパークを基準に補正するとアンドゥハーOPSは8%ほど減じる必要があり800以下の扱いになるのに対して大谷のOPSは3%ほど上げる必要があり900後半の大谷はOPS1.000扱いにすることをセイバーメトリクス的にフェアーであると考えられるわけである。最終的にはOPS800の打者が489打席と立つのとOPS1000の打者が289打席立つのをリーグ平均の打者に比べて得失点差換算して、どれだけの攻撃力を有しているのか、セイバーメトリクスではオフェンスWARとして算出している。

(今年、アナハイムスタジアムは改修はされており、PFの数値は0.970よりやや上方修正を迫られるかもしれないが、いずれにしてもヤンキースタジアムよりも打者有利ということは絶対にあり得ない。またここではお馴染みのOPSを使っているが本来はwOBAを使用する。便宜上わかりやすさを優先、)

リーグ平均OPSは730である。

アンドゥハー 800 (PF修正後のOPS)-730 (リーグ平均OPS)=70
大谷     1000 (PF修正後のOPS)-730 (リーグ平均OPS)=270

アンドゥハー 打席数 497
大谷      打席数 289

質(OPS) × 量(打席数) = 全体(攻撃WAR)

大谷     oWAR 21.2
アンドゥハー oWAR 17.3

打席数を加味すると大谷は平均的な打者に比べて21.2得点多く攻撃力で稼いでいるが、アンドゥハーは17.3得点、平均的なメジャーリーガーよりも攻撃力があると計算される。

たとえ打席数が少なくても大谷の打席の質・攻撃力が高ければオフェンスWARではアンドゥハーの上をいっているのがセイバー的には揺るぎない事実である。総合fWARはざっくり言えばディフェンスWAR(守備力を得点換算)とオフェンスWAR(攻撃力を得点換算)にベースラニングを得点化したものを足し、最終的にポジション補正をし平均レベルからリプレイスメントレベルに転換することによって求められる。毎試合出場するアンドゥハーはこのリプレイスメントレベルへ転換する際に、大きなアドバンテージを得る。
かくして

大谷     fWAR 2.4
アンドゥハー fWAR 2.3

となる。更に大谷は投手のfWAR1.0があり、トータルWARは3.4であり大谷に軍配が上がることになる。セイバーメトリクスのWARがどのような設計になっているのか、理解していればごく一部を除くヤフコメ民のような頓珍漢なコメントが増産されることは絶対にない。

もしアンドゥハーがリーグ平均レベルの守備力を持っていたら、UZR-13失点分がWARに加算されることになり単純に2.3に1.3を足せばWAR3.6となり、大谷の3.4を上回ることになる。よって新人王は文句なしにアンドゥハーで決まりだろう。しかし実際、大谷のWARはアンドゥハーよりも1.1も上回っている以上、セイバーメトリクス的には文句なしに新人王は大谷で決まりである。もっとも投票するのは記者であり、セイバーメトリクスへの理解度もピンキリである。ヤフコメ民の認識と大差はない勉強不足の記者もかなりの数いる。ちなみにTV解説者でWARについて説明できる人は皆無。小早川にしても残念ながらセイバーメトリクスのWARについては全然理解していない。結論としてはWARという指標の持つフェアネスの感覚からすれば、私ならば大谷へ一票を投じる。ただ繰り返すが、もしアンドゥハーの守備力がリーグ平均レベルにあれば、投票はアンドゥハーにする。」

1WARとは10得点、選手が稼ぐことによって生じるのであり、UZRの数値を単純に1/10にすればその数値がWARに直接反映されることになる。言われてハッと気づく人もいるに違いない。それほどにセイバーメトリクスの理解というものが日本にはまだ根付いていない。

今話をしたのはfWARではあるがrWARでは 守備指標がDRSを使われており-24というもはや救いがたい数値でありアンドゥハーのWARを守備だけで-2.4も食らうことになり、推して知るべしということになる。

守るポジションも過小評価すべきでないように守備力もまた過小評価してはならないことがアンドゥハーの例は明示する。ヤフコメを見る限り、攻撃力を過大評価し守備力を過小評価するというバイアスは今でも相も変わらず生きていることを痛感する。

ちなみに「WARがなぜ平均レベルの選手を基準にせずに、リプレイスメントレベルの選手を基準して設計されているのか?」この深い問いかけに真っ向から回答できる人がどれだけいるだろうか。WARがリーグ平均レベルとの比較でも良さそうだが、リプレイスメントレベルでなければ絶対に駄目な本当の理由をきっちり答えられる人はおそらく極めて少ない。

いずれ機会があればこの話もしていきたい。














大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。