チャップマンという強力な武器を手に入れたNYY

未分類
01 /31 2016
投手の時代を象徴するかのように、2015のストーブリーグもまずグリンキーとプライスからマーケットから動き出し、つづいて第二グループのスターターという順番で動き、セスペデスやデービスといった大砲は一番後回しになるという傾向がはっきりと見られるようです。つまり優秀なスターターの価値がそれだけマーケットにおいて上がっているということでもありますが、反面どれだけ優秀なサイヤング級のスターターを揃えても、POでは勝ち抜けなかった数年前のDETや最近のLADといった例を見るまでもなく、ロイヤルズのPOにおける戦い方にも表現されたように、全力で投手陣を突っ込む短期決戦は僅差になりがちであり強力なブルペンが大きな力を発揮することが明らかになってきました。

この際ブルペンの重要性を示唆したと言われるPOで勝ち抜くためのシークレットソースがオーバーフィッティングに過ぎず、その有効性が疑わしいという話もどうでもいい話です。

試合においてもWPAなど調べなくても明らかなように終盤接戦になればなるほど勝利にとって1点の持つ価値は大きくなるために、実際的に終盤に優秀なブルペンを揃えておくことは確実に一勝を獲得するという意味において、強力なチームの武器になることは間違いありません。それは短期決戦のみならずレギュラーシーズンにおける弱者の戦略としても極めて有効です。弱者ということは圧倒的な戦力がないということであり、レギュラーシーズンにおいても「如何に僅差の試合を確実にものにすることができるのか」という部分が勝利するためには枢要になります。この観点からすれば資金的にも一般にサラリーの高いとされるスターターよりもブルペンを相対的に手厚くし確実に僅差を拾ってゆくKCの戦略は、弱者が取るべきものとしても実に理に適っていると言えます。

「弱者は後ろ(ブルペン)から整備せよ」ということにもなろうかと思います。

今回チャップマンを獲得し強力なブルペン陣を手に入れたことはNYYにとって最大の武器になると言っても過言ではありません。この点においては強者も弱者も関係ありません。巷間言われているようにロイヤルズから勝利の方程式を築く大事さをNYYは学んだというところなのでしょう。KCには資金力に限界があるためにどちらにより重点を置くべきかと言われたら、スターターにはクリス・ヤングなどの効率良い補強をしブルペン整備を手厚くする戦略が正しいということになります。しかし資金力においては雲泥の差があるNYYなら、比重を後ろに置くというよりもブルペンとスターターどちらにも金をかけるべきです。どちらかに絞り込みをかけるという発想から抜け出すことが大事であり、プライスとキンブレルを補強したBOSのようなあり方が正着となる。

<絞り込み>という言葉がキーワードになるKCのようなスモールマーケットのチームと<包囲する>という言葉がキーワードになるNYYのようなビックマーケットのチームの2種類がありますが、WS制覇したKCに見倣ったNYYの動きを単純に評価するのは早計であるというのが当ブログの見方です。「NYYのペイロールは3億ドルへ増やすべきである」でも、言ったようにKCの良い部分を今回のように取り入れてゆくことはいいことですが戦略まで模倣する必要性は全くありません。

今回のトレードの動きも、オーナーから示されているであろう相当の限定条件が示された中でLADのおこぼれを預かった形にはなりましたが、キャッシュマン苦肉の策であったということが言えます。あの程度のマイナー選手でふつう状況ならチャップマンほどのクローザーを手に入れることなどできるはずもありません。DV問題で他のチームが次々とチャップマンとのトレードから撤退した状況が訪れたために手に入ったNYYは、僥倖を預かったとも言うべきですが、この幸運を生かし確実に勝利へと結びつけるにはあと一押し二押しが必要となってくるのではないでしょうか。強者であるNYYは弱者であるKCの良いアイデアをパクりかつ、更にそこに金にモノを言わせる戦略を本来なら取るべきです。(パクることも立派な戦略です

単純に考えればスターターの補強もする必要がありますし、打線のテコ入れも必要です。ふつうならば当然そういう動きを入れてくるはずですが、リーダーがリーダーだけにおそらくは何のアクションも起こさない可能性が大きいでしょう。

いずれにしてもNYYは強力な武器を手に入れて2016にシーズンinすることだけは間違いない。勝機は出てきました。状況が変わって勝負を仕掛けられる条件が出てきた以上、戦略的にも柔軟に立ち回ることが求められます。指名権を渡したくないなら、かなりマーケットにおいて買い手市場になってきたと噂されるマエケンを取るという選択肢もありです。

ヤンキースには勝機の色合いをより濃くする補強が待たれます。


大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。