アストロズの強さの秘密 その戦略をセイバーメトリクス分析する 防御編

未分類
05 /17 2015



アストロズの15日 現在得失点差+21、一点差ゲーム 10勝2敗、延長戦 3勝0敗

セイバーメトリクスの分析をするにあたってまずは定石どおり得失点差を見ると、投打のバランスが非常にいいことがわかります。しかしながら圧倒的な戦力があるというわけでもなくピタゴラス勝率21勝16敗が本来想定される勝敗に対して、HOUの現在24勝13敗という成績になっています。強力なブルペンを背景に試合巧者であると見なすことも可能ですし、運にも恵まれていると見ることも可能です。おそらくはそのどちらの要素も含んだ結果になっているものと思われます。


では 早速、防御編ということでHOUの投手力からセイバーメトリクス分析をします。

まず最初に私が目についたのはBB/9がリーグ1位であるという点です。無駄な四球出さないという方針なのでしょうが、ふっと瞬間的に気になったのでチームの平均球速を調べてみました。するとメジャーで唯一90マイルを切るHOUは最低の球速でした。パワーに頼ることなく、制球を重視し無駄なBBを出さない・・・つまりストライクゾーンへボールを集めて勝負を仕掛け 打たせて取るという意図がそこから読み取れます。


さらに インフィールドに飛ばされた相手の打球の質を分析すると、この打球の質には大きな特徴があり既にBSでも放送していたようにGB率がリーグ1位の50パーセントを超えるというものでした。このGBの量産ぶりは凄まじいものがあります。打球がグラウンドボールGBであればHRの心配がなく長打をくらう確率がぐっと減ってくることは容易に想像がつくわけですが、もしもこのGBについてHOUが優れた守備力を有するか あるいは セイバーメトリクスに基づく<守備シフト>が真に機能すれば、アウトを量産できるわけです。


そこでHOUの守備力を調べると、リーグ1位は想像通り圧倒的な守備力を誇るKCであり+37ですが、HOUも+13リーグ4位という成績であり優れた守備力を持っていることがわかります。参考までに投手BABIPについて見ても272という低さであり、リーグ平均のBABIP296を大きく下回る結果となっています。


つまり、守備についたHOUに対して敵がグラウンドへ打球を飛ばしても、なかなかヒットにならないことをこれらのデータは示しています


もちろん巷間散々言われているように リーグ屈指のブルペン陣の活躍は言うに及びません。ブルペンの力が試合の後半を壊さずに、1点差で逃げ切る、あるいは延長戦を制するという好循環をつくり上げていることは今更 ここで指摘するまでもないことです


投手の時代が到来して以降、ブルペンの重要性が10年前よりも、より大きな価値を持つようになっています。


ひとつ明らかになっていることは、HOUにはリーグ1位というスタッツが数多く散見されるということであり、どうやらこの数字の裏にはチーム全体としての方針、戦略が隠されていると見る方が妥当であろうということです。偶然にリーグ1位やリーグ最下位のスタッツがゴロゴロ並ぶとは考えにくい。


HOUのGMがあの戦略家ルーノウであればこそ、そう考えるのが自然です。


もしHOUは意図的に球速を抑え制球を重視しつつBBを低く抑えるとともに、ストライクゾーンで勝負をし掛けつつもGBをシンカー等で数多く打たせ、インフィールドに飛んだ打球をセイバーメトリクスに基づく<守備シフト>及び優れた<守備力>で数多くアウトを生産するという戦略を描いているとしたら・・・


次回は 攻撃力の分析を行います。実は防御において用いている戦略と全く180度ひっくり返したようなHOUの攻撃戦略がそこにはあることがわかってきました。まさに防御と攻撃はコインの表と裏であり、攻撃と防御を合わせてひとつといったHOUの巧妙な戦略がそこにはあります。


ちなみに、なぜHOUのセイバー分析をすると言いつつも、カージナルウェイ、スモールベースボールの話を伏線として前出したのかというと、実はこのHOUの戦略を取り仕切っているルーノウGMこそが、まさに強力なマイナー組織を基礎にして、現代の強豪として確固たる地位を築いたSTLの元辣腕GMであったからです。話はやがてSTLまで及ぶことになるかもしれません。


もう少しだけ話はつづきます。


コメント

非公開コメント

大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。