監督の野球に対する知性の差が勝負を決する

未分類
10 /28 2016

緒方監督のポリシーはレギュラーシーズン通りに日本シリーズも戦うというものらしいですが、それも必ずしも間違いではないが決して正しいとも言えません。フェイズが違っている以上、戦いのセオリーは自ずと変わってくる部分が出てくるからです。

例えばソフトバンクとの天王山、日本ハムは大谷先発であり1点差ゲームであり、栗山監督はまさしくセオリー通り7回から外野の守備固めに陽を入れて大ファインプレー2発でチームを勝利へ導きました。青木が在籍していたKCでも、ダイソンというメジャー最高の守備力を有するアウトフィルダーを守備固めに7~8回にかけて入れることによってポストシーズンを勝ち抜いていきました。

一方、緒方監督は第四戦、9回表の松山の打席のことを考えて、8回裏ピンチの場面であっても赤松を守備固めで入れることはありませんでした。それがシーズン通りの戦い方であると主張。たしかにレギュラーシーズンであればその戦術でも全くOKかもしれません。しかし短期決戦では、目先の一勝の価値、目先の一点の価値が大きくなるためにベースボールという球技の性質上、投手が主導権を持っているために防御の持つ価値がレギュラーシーズンに比べて短期決戦では相対的に大きくなります。それはセイバーメトリクス的に考えても自明のことです。

接戦の終盤において、守備固めをするというのはセオリーです。

ちなみにダルビッシュが在籍するTEXはあと1アウトというところでWS制覇を逃していますが、それも9回2死ライト後方へのフライを長打にしてしまったからです。陽や岡の守備力を持つライトが守っていれば、TEXもワールドチャンピオンでしたが、クルーズという守備範囲の狭いライトであったがために最後の最後で負けました。

8回裏に松山に代えて赤松にすべきというのも後付けの結果論なのでしょうか。

当ブログの主たる研究対象としては野球の戦術もありますが、どう考えてもこれは結果論ではなく、赤松を守備固めで8回に入れなかったのは完全に緒方監督のミスです。それは奇しくも一か月前に守備固めについて栗山監督の正しい判断力と同時に緒方監督の采配ミスについて記事にもしています。かえって今読む方が面白く読めるかもしれません。

「栗山監督 信じる力と峻別する力 ソフトバンクと0.8ゲーム差に縮まる」

短期決戦でのセオリーについて、特にMLBにはサンプルが多くそれを抽出するには絶好のチャンスです。例えば、MLBカテゴリーでは繰り返し書いているのですが短期決戦における継投の第一法則は、試合をぶち壊す前に継投はレギュラーシーズンと違って前倒しにすべきであるというものがあり、第二法則は、調子の良い絶対エースが投げている時は後ろに絶対的守護神でもいない限り無暗に交代させてはならないというものがあります。

栗山監督は2回途中で試合が壊れる前に、メンドーサへ交代。これは試合の大きなポイントとなりました。レギュラーシーズンのセオリーでは2回1失点でメンドーサへ交代させるべきではありません。言うまでもなくそんな継投で一年持つわけもないですから。一方緒方監督は沢村賞も受賞した絶対エースを6回95球で交代、レギュラーシーズンの方程式に拘った。結果同点に追いつかれ、サヨナラ逆転負け。

これは結果論では断じてありません。

天王山SB戦、勝った試合であるにもかかわらず9回大谷降板を栗山監督の継投ミスと指摘していたのは当ブログ以外それほど多くはありませんでした。これについては如何に栗山監督が名将であって、栗山監督に個人的には好意は持っていても譲るつもりもありません。9回大谷降板は結果はどうであれ、あのシーンではすべきではない。つまりこの大谷降板例を敷衍すればジョンソン交代は果たして正しかったのかどうか。エース続投で7回ゼロ封であれば十分可能でした。であれば勝負の綾というものもありその後の試合展開も大きく変わっていた。一方において第三戦の延長における広島前進守備についても、結果は大谷のサヨナラヒットであっても当ブログでは緒方監督の判断は正しいと結論しています。

たとえ試合に勝っても監督のミスがありそれを陽の大ファインプレーによってカバーされるケースもあれば、たとえ試合に負けても監督の守備シフトの判断そのものは正しく、結果は大谷にサヨナラを打たれることもある。プロセスと結果をきちんと切り離して考えることがブログ「MLB 戦いの原理を求めて」の絶対的なポリシーでもあります。


このシリーズ、監督の野球に対する知性の差が勝負を決するかもしれません。セオリーから眺めても実際に両監督の力量差というものは明らかで、野球の戦術、戦略部分に対する理解において知性の差が相当にあります。

関連記事

栗山監督 信じる力と峻別する力 ソフトバンクと0.8ゲーム差に縮まる


大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。