最速96.1マイル、カイル・シーガーに投げた田中渾身のファーストボールに見るピッチング美学

未分類
06 /05 2015
pitch f/xのベロシティチャートを見ていると4シームの球速レンジが昨年の怪我をする前とした後では、おおよそ2マイル遅れていましたが、怪我より復帰後、4シームの球速レンジが怪我をする前にはじめて戻りました。昨年までは高低差を巧みに使いながら 最後は伝家の宝刀スプリットによって討ち取るという投球スタイルを築いていた田中でしたが、昨日は対左だけでなく対右打者用のフロントドアのスライダーもついに解禁に踏み切りました。

クルーズ第一打席に対して 一球目 外角スライダー見逃しストライク、二球目 外角へのバックドア2シームが大きく外れて内角高めのシュートとなり空振り(結果オーライ)、三球目は高めに外れた内角フロントドアのスライダーを審判にも助けられて見逃し三振。<高低>だけでなく<左右>で4番に勝負する新しい田中の投球スタイルがそこにはありました。


健康さえ保障されたら、<高低><左右>ここにスローカーブなども時折織り交ぜて<緩急>をミックスし打者攻略のスタイルを田中が打ち出せば、相当の成績を残せる予感を感じさせるものでした。


もっともモリソンの第一打席 初球の内角フロトンドアはど真ん中に入って打ち頃のシュートになっていましたが、ひとつ間違えば昨年の開幕でカブレラからいきなりHRを被弾した二の舞でした。3塁の好守にも救われましたし、レフトからの好返球もあり、マスコミや小宮山が手放しで絶賛する程、ドミナントな内容ではなかったことはTV観戦していた人の多くも感じていたに違いありません


9K0BBはたしかに圧倒的な数値ではあるにしても、<誤審 打ち損じ 好守>といった他力の要素にも一定の比率によって助けられた投球内容でありました。必ずしもセールやキングが度々見せる快刀乱麻という感じでもありませんでした。


そんな変化球を多用する新しい投球スタイルを見せた田中ですが、個人的には最後のカイル・シーガーに対して投じた今期最速96.1マイルの見逃し三振に田中の美学のようなものを感じました。田中は多彩な変化球と卓越した制球力で超一流の領域に達した投手ですが、ファーストボールへの拘りも度々垣間見せてくれます。


例えば昨年の最速はpitch F/Xのサイトを見ると96.6マイルです。それがいつ投じられたのか知っていたら相当の田中マニアです。


2014年6月28日。ヤンキースタジアム 得点1-1。9回2死ナポリへ1ボール2ストライクと追い込んでから高めで空振りを三振を狙ったものをものの見事にライトスタンドへ運ばれたあの一球です。ナポリの言葉が印象的です。


「What an idiot!!(なんてバカなやつだ!!)」


試合後田中は高めに一球つり球を餌さとして撒いて最後はスプリットで決めるつもりであったと、インタビューでも語っていました。しかし 実際のところ最後の一球は渾身の4シームであり、それまでがスプリットで完全にナポリを封じていただけに裏をかいて高めで空振り三振を狙ったものでした。でなければ渡米以来 ここ2年であの一球が9回にして最速になるはずもありません。昨日のシーガーの最後の一球のようにファーストボールで三振で決めてマウンドを降りるつもりであったはずです。 ナポリがどれだけファーストボールに強いかをほんとうの意味で田中は知らなかったのかもしれません。自分が映像を見てきた限り100マイル近い高めの速球でも左中間へ叩き込む能力がナポリにはあります。


BBが多過ぎる松坂のピッチングは醜悪なと形容されることが多かったですが、BBが際立って少ない田中の投球は度々、宝石のような磨き抜かれたピッチングと形容されます。これからも絶妙な制球力と多彩な変化球でメジャーの打者を翻弄してくれるものと期待します。しかしそのピッチングの基調となるものは、カイル・シーガーに投げた最後の一球に見られるファーストボールでなければならないはずです。

肘をやって田中はファーストボールのベロシティのレンジを落とした期間に限り、スタッツはかなり悲惨なことになりました。最後は渾身のファーストボールで三振を狙う田中の美学。たとえナポリに打たれようともありです


大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。