大谷翔平、100年に1人の逸材であることを証明するために。パドレス入りへ大きく前進か

未分類
02 /20 2017

MLBの雑誌を読んでいると向こうのスカウトらしき人物が大谷翔平について、「はっきり言おう、メジャーの球団で大谷に対しての評価はあくまで投手のものであり、二刀流について現実的に考えているところはほとんどない」そのようなことを上から目線で語っていました。それは元・ドジャーススカウトの意見と基本的に一致するものであり、メジャーの現実をよくわきまえたメジャー通を自任する人たちのリアリズムと言ったところでしょう。

そうした中、パドレスのプレラ―GMは本気かつ現実的に大谷二刀流の可能性について考えていることが斉藤隆、経由でもわかったように、大谷翔平にパドレスを選び取ってもらうべく受け入れ体制を積極的に準備を着々と整えていることが明らかになりました。言うまでもなくパドレスが日本ハムからダルビッシュや大谷翔平の体のメンテナンスをしてきた中垣征一郎トレーナーを獲得した件です。

ただし注意しておかねばならないことは、日本ハムが大谷翔平に対してメジャーへ行く際に何らのサジェスチョンも行わないだろうということです。すべての選択を大谷の自由意思に任せる。ドジャース絶対的優位の状況から大逆転した際にも入団交渉において、日本ハムは大谷翔平に対してただの一度も頭を下げて頼み込んだことはありませんでした。日本ハムが大谷翔平を口説き落としたように、パドレスもまた大谷との入団交渉においては、理性を前面に打ち出し、他のチームとは二刀流受け入れサポートの質において圧倒的な違いを際立たせて大谷との交渉に当たると考えられます。もちろんパドレスが交渉資料を作る際には業務提携している日本ハムからのアドバイスや助力は惜しみなく注がることが予想されます。

「じっくりフェアーに他のチームのプレゼンも見てくれていい。大谷君自身にとって最良と思えるチームを選択してくれたらそれでいい。日本ハムと業務提携をしているからと言ってパドレスを特に贔屓にする必要もない。すべての選択権は大谷翔平にある。ただしパドレスは大谷二刀流にとって最高のものを用意できる自信と準備がある。よかったら是非一緒に夢を実現しようじゃないか」

こうしたスタイルでパドレスは日本ハム同様に大谷との入団交渉にも臨むことになると私は考えています。もちろん、交渉時には野茂英雄もしくは斉藤隆も出馬することになるかもしれません。

金も含めた<リアリズム>と壮大な夢を求める<ロマンティシズム>。

この両者にもまた明らかなマージナルが存在しています。ボーナスプールの金銭的な問題によって大谷パドレス入りはないと言い切った判断が正しかったのか、それとも大谷なら金よりもロマンを優先することになるとした判断が正しかったのか、それもいずれ決着がつくことになります。

繰り返しますがマーケットは完全なる大谷の売り手市場であり、はっきり言って大谷翔平の争奪戦においては記事冒頭で示したリアリストたちは完全にパドレスの周回遅れになってしまっているということです。メジャーの常識、固定概念に囚われて大谷翔平へ二刀流の本気のオファーを出さないチームはその時点で完璧に脱落することになります。見せかけの二刀流オファーはすぐに見抜かれることになり、確実に二刀流の受入れ態勢を整えているパドレスを大谷翔平は選択することになる。パドレスに対して逆転する可能性があるとすれば、DH制のあるアリーグということにおそらくなるのではないか。

「2017年、大谷翔平の移籍先としてパドレスが最有力な理由」

この記事をたまたま見たとあるアメリカ在住の日本人牧師さんは、(念のためパドレスとは牧師のこと。牧師を職業としているからパドレスファンなのかは不明。)「この記事に書いてあることが本当になったら、パドレスファンにとっては願ってもない。今の時期、大谷がパドレス入する夢くらいは見てもいいじゃない」そんなことを書いていました。

今とも若干違う、2か月前の空気感をそのパドレスファンでもある牧師さんの言葉は端的によく表しています。

ただでさえ、パドレスは大谷翔平を育てた日本ハムのフォローを受けることができるメジャー唯一の球団です。あの頃よりも更にパドレスが大谷争奪戦において大きくリードを広げたことだけは確実です。

ベーブ・ルースが13勝11本塁打というメジャー史上唯一の記録を成した年。それは1918年のことです。

大谷翔平がメジャーで渡るとされている年は奇しくも、ちょうどルースの二刀流以来、100年後の2018年ということになります。大谷翔平、100年に一人の逸材であることを証明するために、メジャー10勝10発クリアという目標には、野球の神様ルース以来というメジャーファンを酔わせる大きなロマンがある。おまけにメジャーのスタータとしても100マイルを超えるポテンシャルを持つ者は片手で余る。大谷二刀流はマーケティングの観点からも大きく売り上げを伸ばせるチャンスとなりそうです。


結論

メジャーの厳しさを現実に知るリアリストに決定的に欠けているものとは、栗山監督が大谷翔平の二刀流を通して夢を見ている野球少年が抱くようなロマンそのものである。どうやら大谷翔平という野球人の本質を深く理解したところが、争奪戦を制するということなりそうです。

余話

「イチローとジョー・ジャクソンを結ぶ 偉大なるベースボールの力」

このコラムは「フィールド・オブ・ドリームス」という映画に感激し、何千万円という私財を投じて自らの夢の野球場、栗の樹ファームを作り上げてしまった栗山英樹という野球人のロマンティシズムに大きな影響を受け書いたものでもあります。

関連記事

「2017年、大谷翔平の移籍先としてパドレスが最有力な理由」

大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。