イチローが放ったブーメラン、本物のプロフェッショナルとしての立ち振る舞いとは。

歴史
03 /16 2019


2014年4月9日、イチローは野村克也が持つ日本プロ野球記録の3017試合出場に日米通算で並んだ。この時のインタビューでイチローはこう答えている。

(3017試合出場について)だから? という感じですね。出ているだけでカウントされるものに僕は価値を見いだせない。それに尽きる

至近距離から座ったまま集中力を要する一日百球以上もボールを受けるキャッチャーと、平均5・6球前後のボールしか飛んではこないライトでは出場する疲労度は雲泥の差があることは素人でも想像はつくが、野村克也という大先輩に対して微塵のリスペクトも感じさせぬ無礼な言葉として当ブログでは印象に強く残っている。おそらく野村克也に対する個人的なわだかまりがイチローにはあるに違いない。そしてその言葉が野村克也にも届くことは十分に承知しながら、ここぞとばかりにそのわだかまりを表出すことに何のためらいもない。

では、日本プロ野球記録を数多くコレクションする王貞治がもしその出場記録も持っていたとしたら、イチローはインタビューで同じような言動を取っていただろうか。尊敬する王貞治の記録なら、にこやかな表情で手のひらを返したような態度をイチローは取ったに違いない。(残念ながらイチローが人を見て、時に態度を大きく変える人物であることは明白である。)

(プロとして求められるパフォーマンスを発揮できなければ)試合に出ていることそのものに価値はないと言い切ったイチロー。スプリングキャンプの成績、打率0.080。2018年投手の平均打率にも満たない。真のプロフェッショナルとしての矜持とは、そして責任の取り方とは果たして如何にあるべきなのだろうか

辞めさせたがっている人も多いとイチローは言うが、「プロとして最低限、保障すべきプレーの品質とはどうあるべきか」についてどう考えているのだろう。セイバーメトリクスのWARという指標もまた、そのラインを明確に設定し、選手が試合に出場するだけではそれだけで戦力としての価値はないとしている。出ない方が余程ましであると認定される選手がいるとセイバーメトリクスでは考えられている。

現状のイチローはWAR0.0を超えることはもはや不可能だろう。

野球の神様から与えられたギフト(才能)を不断に磨き抜くこよって、イチローが成し遂げた不滅の世界記録は4376安打。イチローこそ、世界で最もヒットを放つことによってファンを最も数多く喜ばせてきた選手だったと言える。そのイチローが最後に野球の神様からギフト(贈り物)として用意されたのは、自らのキャリアをスタートさせた母国・日本での開幕試合出場であった。特別に祝福された存在なのだと思う。

しかしこれまで自分のプレーに対しては厳しい品質管理をしてきた本物のプロフェッショナルならば、最後まで己のプレーの品質に対して一貫した厳しい態度で臨むべきではないだろうか。かつて野村克也へ放った厳しい言葉はブーメランとなって自らを報復する。

来るべく日はもうそこまでやってきている。


ハーパーのフィリーズ移籍劇を行動経済学で紐解いてゆく

未分類
03 /02 2019

さて、今回史上最高額でハーパーが契約をしたPHIは何州にあるかご存知でしょうか。

アメリカの政党のシンボルカラーになぞらえて民主党が強い州をブルーステート、共和党が強い州をレッドステートと呼びます。

所得税率が最も高いのは、カルフォルニア (13%)を筆頭にハワイ・オレゴン (11%),ニュージャージー (10.75%),ニューヨーク (8.97%)、ワシントン(8.95) などで、逆に税率が低いのは、イリノイ (3%Flat), インディアナ (3.4%Flat),ペンシルベニア (3.07%Flat)となっております。

LADの本拠地のあるカルフォルニア州やNYYの本拠地のあるニューヨーク州は典型的な民主色の強いブルーステートであり、社会主義的な累進課税を敷く傾向にあります。平たく言うと所得税の税率も高い州です。

例えばブルーステイトであるニューヨークから選出されたオカシオ・コルテス(28)という美人と評判の民主党の政治家は次期、大統領候補だと言われており、高所得者に70%という法外な税率をかけ、その税収で環境を守ろうと「グリーン・ ニューディール」を掲げて有権者へアピールをしています。

このオカシオ・コルテスのグリーン・ ニューディール、環境の「緑」を大事にするという思想の中に極めて共産主義的な色合い「赤」があり、現代アメリカの保守的な政治界では大変に危険視されています。もしこのコルテスなる若き女性がアメリカの大統領になった時、アメリカは間違いなく不景気になると同時に軍事的にもプレゼンスを発揮できず、没落の憂き目にあうことになるでしょう。予め言っておきます。

アメリカ政界における新流行語、それは「緑は新しい赤である」。

話を元に戻します。PHIの所在地は所得税の低いペンシルベニアにあり、LADのカルフォルニアは言うに及ばず、WSHのワシントンDC、NYYのニューヨークはすべてブルーステイトです。所得税で何十億もの差が生じるため、ハーパーが選んだ一つの理由は、ペンシルベニアの所得税の低さにあるとアメリカのメディアでは言われています。

たしかにそうした所得税率という要因も無視はできませんが、結局のところハーパーが決断したのはPHIが年俸総額において最も高いオファーを出したからということになります。

LADが超短期の3年×45Mのオファーをしたとも言われています。人は13年330Mと3年135M(もちろんキャリアがその後もつづくはずなのでプラスアルファが見込める)のどちらを選ぶべきかと考えた時、多くの人は行動経済学の実験からも前者の330Mを選ぶことが明らかになっています。

最終的な年俸総額はLADを選択した方がより大金をハーパーは手にする確率の方が客観的には高いように思うし、外野のヤフコメでも多くの人はLADを選択すると言っていました。

1年25MのPHIと1年45MのLADでは、LADで一儲けして更なる契約を3年後に結ぶ方が得策と外野からはそう見えるわけです。

ではここでLADを選ぶと言っていた多くの人に2つの選択肢を提示します。

A:確実に100% 9万円もらえる
B:コインを投げて表がでたら20万円もらえるが、裏が出たら1円ももらえない

どちらの選択肢がいいかと聞くと、ほとんどの人がAを選択します。この場合、Aのほうが確実性があるのでメリットがあるように感じます。

ただ、期待値を計算するとBのほうがAよりも高いのです。ここでいう期待値とは、ある試行を行ったとき、その結果として得られる数値の平均値のことです。この事例の場合、Aは100%の確率で9万円がもらえるので、期待値は9万円です。Bは50%の確率で20万円がもらえるので、期待値は10万円になります。

A:期待値: 9万円
B:期待値: 10万円

合理的に判断すれば、期待値の高いBを選びます。

ただ実際はほとんどの人がAを選ぶ。これは「利益を得られない」というリスクを回避しようとしているのがその理由です。

マックス総額年俸を試算すれば400Mにも届かんとする期待値よりも「100%確実に手に入れられる330Mを選択するハーパーのような性向を人は持っている」と行動経済学は結論しています。LADとの短期契約中にプリンス・フィルダーのように若くしてハーパーもリタイヤしないと誰が言い切れるでしょうか。

こうした人間の性向を学術的に明らかにしたことによって行動経済学の「プロスペクト理論」はノーベル賞を受賞しました。

結論

カノへ7年175M、1年25Mを提示したのはNYY。10年240Mを提示したのはSEA。ヤンキースというブランドを加味してもカノがあくまでこだわったのは1年あたりの額ではなく年俸総額だった。一般に選手が最終的にあくまで拘るのは一年の年俸の多さよりも、100%保証される年俸総額であると行動経済学は結論している。

プロスペクト理論とは「利益を得られる場面ではリスク回避を優先し、損失をこうむる場面では損失を回避する」という心理論

利益を得られる場面ではリスク回避を優先」これが今回のハーパーの行動であるならば、「損失をこうむる場面では損失を回避する」これはエルズベリーをDFAできず塩漬けしているハル・スタインブレナーの行動に見て取ることができます。

ハーパーとハル・スタインブレナーの行動はコインの表と裏です。そして、こうした行動経済学が想定している合理性の常識の枠外にある存在こそ、大谷翔平ということになります

かつてスポナビで大谷翔平の移籍先について特集を組んでいた時、パドレスはボーナスプールの枠がなく移籍先としてはあり得ないとメジャー通から指摘されたのですが、その後、大谷翔平の行動原理は一体に何によって突き動かされていたか、徐々に明らかにされることになるのです。

関連記事

2017年、大谷翔平に待ち受けるインターナショナルFA・ボーナスプールの壁




なぜハル・スタインブレナーこそがヤンキースの実質的GMと言えるのか

戦略
02 /18 2019


下書きの日付を見たら 1/18でした。セベリーノはその後 この記事とは違い激安コントラクトを結ぶことに。なぜそれが可能になったのかはセベリーノが徹底して人格批判に晒される調停を恐れたからとも言われている。

~~~~~~~

なぜハル・スタインブレナーこそがヤンキースの実質的GMと言えるのか、その痕跡はいくつも残されています。

理由は明白であり、第一点目はグレゴリウスの戦線離脱にともない内野のデプスが薄い状況にあって分厚い外野は人材は余っている状況であるにもかかわらず、不良債権のエルズベリーではなく内野のバックアップとしては十分に戦力に成り得るトレイエスを切ったというこの一事をもってして、誰が判断しているかが明らかになったと言えます。

LADもクロフォードという40Mの不良債権をたたき切ったように、BOSもまたサンドバルという50Mにも達しようかという不良債権をたたき切っています。ふつうの能力のあるGMならば、エルズベリーへの投資はサンクコストを割り切って、損切りする判断力くらいは必ず身につけているはずなのです。この程度の判断ができない人物がGMにつくことはまずあり得ない。

物事の優先順位がわかることを戦略的と定義するならば、この優先順位がわからないこの判断力のなさこそハル・スタインブレナーが実質的なGMである証明でもある。私が見る限りキャッシュマンはそこまで無能ではない。この程度の判断は当然できる。

エルズベリーを塩漬けにするという判断が「コインの表」であるならば、DFAになったトロウィツキーを格安で手に入れるという判断は「コインの裏」だと言ってもいいでしょう。ここに損確定を嫌い、リスクをとにかくガチガチに管理したい人物像は透けて見えるわけです。

第二点目。ハル・スタインブレナーは2015年にKCが世界一になった成功モデルを模範として、金を出しても優勝できるわけではないと「自らのセコさ」を弱者の戦略へすり替えて正当化しようとしました。改めてKCの戦略を振り返りますと、FAになる前の若手野手を主軸として、先発はクリス・ヤングやガスリーなどベテランで2線級3線級の安いサラリーのスターターを揃えつつも、強力なブルペンを用意し、相手を僅差の終盤に誘いこみ、そこではじめて強者として立ち振る舞い逃げ切るゲームプランを持っていました。

KCに見て取れるブルペンに厚みを出すというNYYの一貫した戦略は、元を質せば、2015年のKC優勝の緊縮モデルがケチなハル・スタインブレナーの心の琴線に触れたところに端緒があります。これがNYYの実質的なGMがハル・スタインブレナーであることの第二の理由です。

例えば2016年のオフにNYYは完全に再建期に舵を切りました。にもかかわらずチャップマンだけは抑えたわけです。なぜ再建期に入るのにリーグを代表するクローザーだけは抑えたのか。言うまでもなくNYYの司令塔ハル・スタインブレナーがKCの戦略を踏襲しているからです、

このプランに沿ってチームつくりをすることは決して間違ってはいません。スモールマーケットのKCで既に勝っている以上、ビックマーケットのNYYでもふつうにやれば勝てることになります。ただ強者のNYYであるならば、KCのこの弱者の戦略の物まねに終わらせてはなりません。更にバージョンアップさせることができる。

では具体的に、バージョンアップさせるのか。

一点目は金がある以上、KCのようにブルペンのみならず、先発の層も同時に厚くすることができるという点です。例えばハーパーやマチャド獲得はともかく、コービンを抑えることくらいの財力はNYYには当然ありました。しかしリスク管理第一主義なのでFA市場でWSHとの勝負に負けた。バムガーナーの例をひくまでもなく、大事な試合で頼りになるエース級がいるかいないかは極めて重要なポイントになります。先発への投資もできる財力があっても、躊躇してしまうところで最後に勝ち切るダメ押しの余力を失ってしまうかもしれません。ハル・スタインブレナーの勝負しきれない性向が故にその代償として、勝ち切れないという危惧が懸念されます。

そして次なるポイントですが、通常スモールマーケットのKCではFAでホズマーやムスタカス、ケインなどが流出してしまいますが、そうした生え抜きの流出を抑えることがビックマーケットにはできます。ところがカノ流出に代表されるように、べタンセスにせよセベリーノにせよ、セコさ故に年俸調停に持ち込んでいます。

例えばNYYから「6年150M」という仮にセベリーノが将来、囲い込みオファーをされたとしましょう。すでにNYYがFAマーケットでも勝負はしない姿勢を知っているセベリーノからすれば、FAになった方がより大きなメガコントラクトを獲得できるに違いないと算段をすることに必ずなります。

二点目はハル・スタインブレナーの目先のコスト削減が長期的な利益を損ない、目先のセコさがセベリーノ等生え抜きの流出を招く等の可能性へとつながりかねないということです。すなわち強者であるにもかからわず、KCにはない強みを失う可能性が高くなるのではないか。NYYは生え抜きで本来抑えて置かねばならない選手の何人かが、彼らを抱え込む力を持ちながら、FAによってNYYはおそらく流出することになるでしょう。

田中将大もFAの選手側オプションにおいてオプトアウトを行使すれば、1年前に外へ出ていたわけです。こうした額面通りの仕事を遂行している選手を確実に抑えるだけの経済力はありつつも、セコさ故に外へ流出してしまう可能性を晒してしまっている。とにかくブルペン以外のメガコントラクトについては余程の条件がと問わなければNYYが動くことはまずない。そのリスクを恐れる判断が最終的な勝利を逃す一つの要因になるのではないか。

結論

KCの弱者の戦略を踏襲するハル・スタインブレナーのやり方が完全に間違っているというわけではない。しかし弱者ではない以上、強者としての余裕ある立ち振る舞いこそがNYYには求められている。キャッシュマンの仕事はトレード等極めて限定的なものであり、チームの方針及びFAに関するNYYの実質的なGMはハル・スタインブレナーである。

果たして今後NYYがどのような命運を辿ることになるのだろうか。

ジョージ・スタインブレナーのように闇雲に金を突っ込めばいいというつもりも更々ない。チームが本当の意味で強くなるには、大砲だけを並べれば強くなるというものでもない。若手とFA、攻守、スピードとパワー、投打、様々なバランスに留意しなけければ、本当に強いチームを作ることはできない。それでもトータルとしては、ジョージの時代はハル・スタインブレナーの時代よりも確かな成果を出したことになるのではないかとは考えている。その是非は、いずれ歴史が明らかにすることになる。







メジャーリーグ最古のチームはシンシナティ・レッズではない

歴史
02 /03 2019


ナショナルリーグが設立されたのが1876年。ちょうどアメリカ独立宣言から100年後のことであった。

そのナショナルリーグに先駆けて、1869年にはじめて誕生したプロ球団をシンシナティ・レッドストッキングスという。このプロチームはまるでサーカス団のように旅から旅をして各地の素人チームを相手に華麗なプレーをし連戦連勝を繰り広げ、興行によって金を稼ごうとするもののわずか一年で頓挫する。

しかしシンシナティ・レッドストッキングスの監督ハリー・ライトは挫けることなく、1871年に「ボストン・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」を立ち上げ、全米初のプロ野球リーグであるナショナル・アソシエーションに加盟する。尚この時シカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)も加盟する。シカゴ・ホワイトストッキングスはシカゴ・ホワイトソックスのルーツにあたるチームではないためにここにも注意する必要がある。

◎ポイント 現在もMLBで残っているのはレッドストッキングス(現・ブレーブス)とシカゴ・ホワイトストッキングス(現・シカゴ・カブス)の二つだけである。

やがて「シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」はボストンへ移動し、「ボストン・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」と名乗り、ボストンからミルウォーキーへ、そして現在のアトランタに居を構えることに至った。

◎ポイント アトランタ・ブレーブスの名前の変遷

シンシナティ・レッドストッキングス(1869年
ボストン・レッドストッキングズ (1871年 - 1875年)
ボストン・レッドキャップス (1876年 - 1882年)
ボストン・ビーンイーターズ (1883年 - 1906年)
ボストン・ドゥーブス (1907年 - 1910年)
ボストン・ラスラーズ (1911年)
ボストン・ブレーブス (1912年 - 1935年)
ボストン・ビーズ (1936年 - 1940年)
ボストン・ブレーブス (1941年 - 1952年)
ミルウォーキー・ブレーブス (1953年 - 1965年)
アトランタ・ブレーブス (1966年 - )

1882年にこの最古のプロチームである「シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」の移動した後釜に座ったのが、現在のシンシナティ・レッズ。つまり、最古のチームである「シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」と「シンシナティ・レッドストッキングス(現 レッズ)」と名前は同じではあるが 全く別のチームなのである。

あくまで現在のシンシナティ・レッズの創設はオフィシャルとして 1882年にある。一方、アトランタ・ブレーブスのツールを辿れば1869年のシンシナティ・レッドストッキングスまで遡ることが可能となる

1975年のワールドシリーズはシンシナティ・レッズVSボストン・レッドソックスであった。歴史に残る激闘であったといわれいる。シンシナティ・レッズはシンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)を、ボストン・レッドソックスはボストン・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)をオマージュとして設立されている。だからこそ1975年のワールドシリーズのVTRを見ると2つのチームのユニフォームは瓜二つなのです。

もしメジャーリーグで名門と問われたら、圧倒的な優勝回数を誇るNYYでももちろんかまわない。しかし私ならアトランタ・ブレーブスを挙げる。なぜならもともと市民のスポーツであったベースボールをショービジネスの興行としても十分にビジネスとして採算が取れるとハリー・ライトが閃き、最初にプロチーム、シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)が誕生しなければ、プロリーグなどそもそも成り立なかったからである。

結論

トラディショナルオープナーと言って、かつてメジャーでは最古のチームに敬意を払いシンシナティ・レッズの試合だけを他のチームに先駆けて1試合のみ開幕試合を行っていた。あるいは2015年にシンシナティでオールスターゲームが行われた際も、シンシナティ・レッズこそがメジャー最古のチームであるとそれを最大のセールスポイントに挙げていた。

しかしメジャー最古のプロ野球チームは現在のシンシナティ・レッズではなくあくまでアトランタ・ブレーブスであり、かつてシンシナティ・レッドスットキングスと呼ばれていたチームである。そして、それは繰り返すが決して現在のシンシナティ・レッズのルーツに繋がるチームではないのである。

メジャーの歴史における初歩的な知識であるため、是非 抑えておいて欲しい知識でもある。




大失敗に終わるか!マイアミのジーター改革はどうなるのか?

戦略
01 /29 2019


昨年4月頃、私はツィッターでおおよそこう書きました。

「ルノーによるHOUやエプスタインによるCHCのタンキングとMIAが現在行っているジーター改革を混同してはならない。両者は似て非なるものである。これは創造的破壊と称するようなものでなく、ジーターによる理念なき破壊活動である。

ジーターのボーナス獲得が主眼となった極めてセルフィッシュな動きであり、基本的にこの動きは間違っている」

結果的に現在のMIAがこうなっています。

●観客動員 メジャー最低30位。10000人を切る寸前。
●プロスペクト充実度 ランキング メジャー最低30位。
●2018年 NL最低勝率。

現在の動きはジーターをスケープゴートにオーナーグループがコストカットによる徹底した利益の追求をしようとしているのはほぼ明らかである。ファームの層を厚くして再建を乗り出すという方向性そのものも完全に間違ったものではなく一見、流行にも思えるものであったが、当初から数多くの疑念の声はやむことがなかった。一方で「これは世に言うタンキングであり、将来を見据えた動きなのだ」と、たしなめるかのようなメジャー通の意見も数多く散見された。

しかしジーターというGMの無能のなせる業なのだろうか。メジャー最強の外野トリオを解散させた結果、マイアミはメジャーで最もファームの層が薄いチームへ変貌を遂げてしまっている。ジーター改革がもたらしたものとは、メジャーNLで最も弱く、最も将来に対しての展望が開けず、最も人気のないチームへMIAは転落したことを意味している。

ジーター改革について擁護するかのような立場を取り、先を見据えたメジャー通たちは、ジーター改革を今どう考えているのか。

結論

タンキングという表層的なものに目を奪われることなく、ジーターとルーノウの本質的な差異を的確に見抜いていかなくてはならないない。マイアミで起きている一連の動きはコストカットによって利益の最大化しか興味のないオーナーの投資会社ジャーマングループと素人GMジーターによるジーターのための(ボーナス獲得)単なるMIAを舞台にしたベースボールへの破壊活動である

ベースボールというものは公共財であることをオーナーが再認識するとともに、ステークホルダー全体に目を配るような経営スタイルを追求すべくMLB機構側がある程度のガイドラインを設定すべきではないか。ぜいたく税という名の金満チームへの規制だけではなく、タンキングという名の徹底したコストカットによる利益追求へ傾くスモールマーケットへの一定の規制も設けるべき時期に来ているのではないだろうか。

未来は可変的でもあり、作用があれば反作用あり、沈み込んだものもいつかは浮上する。沈み続けることもまた相応の難しさがある。しかし敢えてリスク承知で言うが、ジーターというGMがチームを指導する限り、MIAの勝利はなかなか覚束ないだろう

数年先の結果を見守るべきだという意見など、誰にでも言える。結果論で語るという的外れな揶揄も一部にあるようだが、常に未来に対しても旗幟鮮明をモットーにする当ブログとしては、もしこの予見が外れた際は、素直に謝罪をする。


大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。