なぜハル・スタインブレナーこそがヤンキースの実質的GMと言えるのか

戦略
02 /18 2019


下書きの日付を見たら 1/18でした。セベリーノはその後 この記事とは違い激安コントラクトを結ぶことに。なぜそれが可能になったのかはセベリーノが徹底して人格批判に晒される調停を恐れたからとも言われている。

~~~~~~~

なぜハル・スタインブレナーこそがヤンキースの実質的GMと言えるのか、その痕跡はいくつも残されています。

理由は明白であり、第一点目はグレゴリウスの戦線離脱にともない内野のデプスが薄い状況にあって分厚い外野は人材は余っている状況であるにもかかわらず、不良債権のエルズベリーではなく内野のバックアップとしては十分に戦力に成り得るトレイエスを切ったというこの一事をもってして、誰が判断しているかが明らかになったと言えます。

LADもクロフォードという40Mの不良債権をたたき切ったように、BOSもまたサンドバルという50Mにも達しようかという不良債権をたたき切っています。ふつうの能力のあるGMならば、エルズベリーへの投資はサンクコストを割り切って、損切りする判断力くらいは必ず身につけているはずなのです。この程度の判断ができない人物がGMにつくことはまずあり得ない。

物事の優先順位がわかることを戦略的と定義するならば、この優先順位がわからないこの判断力のなさこそハル・スタインブレナーが実質的なGMである証明でもある。私が見る限りキャッシュマンはそこまで無能ではない。この程度の判断は当然できる。

エルズベリーを塩漬けにするという判断が「コインの表」であるならば、DFAになったトロウィツキーを格安で手に入れるという判断は「コインの裏」だと言ってもいいでしょう。ここに損確定を嫌い、リスクをとにかくガチガチに管理したい人物像は透けて見えるわけです。

第二点目。ハル・スタインブレナーは2015年にKCが世界一になった成功モデルを模範として、金を出しても優勝できるわけではないと「自らのセコさ」を弱者の戦略へすり替えて正当化しようとしました。改めてKCの戦略を振り返りますと、FAになる前の若手野手を主軸として、先発はクリス・ヤングやガスリーなどベテランで2線級3線級の安いサラリーのスターターを揃えつつも、強力なブルペンを用意し、相手を僅差の終盤に誘いこみ、そこではじめて強者として立ち振る舞い逃げ切るゲームプランを持っていました。

KCに見て取れるブルペンに厚みを出すというNYYの一貫した戦略は、元を質せば、2015年のKC優勝の緊縮モデルがケチなハル・スタインブレナーの心の琴線に触れたところに端緒があります。これがNYYの実質的なGMがハル・スタインブレナーであることの第二の理由です。

例えば2016年のオフにNYYは完全に再建期に舵を切りました。にもかかわらずチャップマンだけは抑えたわけです。なぜ再建期に入るのにリーグを代表するクローザーだけは抑えたのか。言うまでもなくNYYの司令塔ハル・スタインブレナーがKCの戦略を踏襲しているからです、

このプランに沿ってチームつくりをすることは決して間違ってはいません。スモールマーケットのKCで既に勝っている以上、ビックマーケットのNYYでもふつうにやれば勝てることになります。ただ強者のNYYであるならば、KCのこの弱者の戦略の物まねに終わらせてはなりません。更にバージョンアップさせることができる。

では具体的に、バージョンアップさせるのか。

一点目は金がある以上、KCのようにブルペンのみならず、先発の層も同時に厚くすることができるという点です。例えばハーパーやマチャド獲得はともかく、コービンを抑えることくらいの財力はNYYには当然ありました。しかしリスク管理第一主義なのでFA市場でWSHとの勝負に負けた。バムガーナーの例をひくまでもなく、大事な試合で頼りになるエース級がいるかいないかは極めて重要なポイントになります。先発への投資もできる財力があっても、躊躇してしまうところで最後に勝ち切るダメ押しの余力を失ってしまうかもしれません。ハル・スタインブレナーの勝負しきれない性向が故にその代償として、勝ち切れないという危惧が懸念されます。

そして次なるポイントですが、通常スモールマーケットのKCではFAでホズマーやムスタカス、ケインなどが流出してしまいますが、そうした生え抜きの流出を抑えることがビックマーケットにはできます。ところがカノ流出に代表されるように、べタンセスにせよセベリーノにせよ、セコさ故に年俸調停に持ち込んでいます。

例えばNYYから「6年150M」という仮にセベリーノが将来、囲い込みオファーをされたとしましょう。すでにNYYがFAマーケットでも勝負はしない姿勢を知っているセベリーノからすれば、FAになった方がより大きなメガコントラクトを獲得できるに違いないと算段をすることに必ずなります。

二点目はハル・スタインブレナーの目先のコスト削減が長期的な利益を損ない、目先のセコさがセベリーノ等生え抜きの流出を招く等の可能性へとつながりかねないということです。すなわち強者であるにもかからわず、KCにはない強みを失う可能性が高くなるのではないか。NYYは生え抜きで本来抑えて置かねばならない選手の何人かが、彼らを抱え込む力を持ちながら、FAによってNYYはおそらく流出することになるでしょう。

田中将大もFAの選手側オプションにおいてオプトアウトを行使すれば、1年前に外へ出ていたわけです。こうした額面通りの仕事を遂行している選手を確実に抑えるだけの経済力はありつつも、セコさ故に外へ流出してしまう可能性を晒してしまっている。とにかくブルペン以外のメガコントラクトについては余程の条件がと問わなければNYYが動くことはまずない。そのリスクを恐れる判断が最終的な勝利を逃す一つの要因になるのではないか。

結論

KCの弱者の戦略を踏襲するハル・スタインブレナーのやり方が完全に間違っているというわけではない。しかし弱者ではない以上、強者としての余裕ある立ち振る舞いこそがNYYには求められている。キャッシュマンの仕事はトレード等極めて限定的なものであり、チームの方針及びFAに関するNYYの実質的なGMはハル・スタインブレナーである。

果たして今後NYYがどのような命運を辿ることになるのだろうか。

ジョージ・スタインブレナーのように闇雲に金を突っ込めばいいというつもりも更々ない。チームが本当の意味で強くなるには、大砲だけを並べれば強くなるというものでもない。若手とFA、攻守、スピードとパワー、投打、様々なバランスに留意しなけければ、本当に強いチームを作ることはできない。それでもトータルとしては、ハル・スタインブレナーの時代よりも確かな成果を出したことになるのではないかとは考えている。その是非は、いずれ歴史が明らかにするこになる。







メジャーリーグ最古のチームはシンシナティ・レッズではない

歴史
02 /03 2019


ナショナルリーグが設立されたのが1876年。ちょうどアメリカ独立宣言から100年後のことであった。

そのナショナルリーグに先駆けて、1869年にはじめて誕生したプロ球団をシンシナティ・レッドストッキングスという。このプロチームはまるでサーカス団のように旅から旅をして各地で華麗なプレーを繰り広げ、興行によって金を稼ごうとするもののわずか一年で頓挫する。

しかしシンシナティ・レッドストッキングスの監督ハリー・ライトは挫けることなく、1871年に「ボストン・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」を立ち上げ、全米初のプロ野球リーグであるナショナル・アソシエーションに加盟する。尚この時シカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)も加盟する。シカゴ・ホワイトストッキングスはシカゴ・ホワイトソックスのルーツにあたるチームではないためにここにも注意する必要がある。

◎ポイント 現在もMLBで残っているのはレッドストッキングス(現・ブレーブス)とシカゴ・ホワイトストッキングス(現・シカゴ・カブス)の二つだけである。

やがて「シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」はボストンへ移動し、「ボストン・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」と名乗り、ボストンからミルウォーキーへ、そして現在のアトランタに居を構えることに至った。

◎ポイント アトランタ・ブレーブスの名前の変遷

シンシナティ・レッドストッキングス(1869年
ボストン・レッドストッキングズ (1871年 - 1875年)
ボストン・レッドキャップス (1876年 - 1882年)
ボストン・ビーンイーターズ (1883年 - 1906年)
ボストン・ドゥーブス (1907年 - 1910年)
ボストン・ラスラーズ (1911年)
ボストン・ブレーブス (1912年 - 1935年)
ボストン・ビーズ (1936年 - 1940年)
ボストン・ブレーブス (1941年 - 1952年)
ミルウォーキー・ブレーブス (1953年 - 1965年)
アトランタ・ブレーブス (1966年 - )

1882年にこの最古のプロチームである「シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」の移動した後釜に座ったのが、現在のシンシナティ・レッズ。つまり、最古のチームである「シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)」と「シンシナティ・レッドストッキングス(現 レッズ)」と名前は同じではあるが 全く別のチームなのである。

あくまで現在のシンシナティ・レッズの創設はオフィシャルとして 1882年にある。一方、アトランタ・ブレーブスのツールを辿れば1869年のシンシナティ・レッドストッキングスまで遡ることが可能となる

1975年のワールドシリーズはシンシナティ・レッズVSボストン・レッドソックスであった。歴史に残る激闘であったといわれいる。シンシナティ・レッズはシンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)を、ボストン・レッドソックスはボストン・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)をオマージュとして設立されている。だからこそ1975年のワールドシリーズのVTRを見ると2つのチームのユニフォームは瓜二つなのです。

もしメジャーリーグで名門と問われたら、圧倒的な優勝回数を誇るNYYでももちろんかまわない。しかし私ならアトランタ・ブレーブスを挙げる。なぜならもともと市民のスポーツであったベースボールをショービジネスの興行としても十分にビジネスとして採算が取れるとハリー・ライトが閃き、最初にプロチーム、シンシナティ・レッドストッキングス(現 アトランタ・ブレーブス)が誕生しなければ、プロリーグなどそもそも成り立なかったからである。

結論

トラディショナルオープナーと言って、かつてメジャーでは最古のチームに敬意を払いシンシナティ・レッズの試合だけを他のチームに先駆けて1試合のみ開幕試合を行っていた。あるいは2015年にシンシナティでオールスターゲームが行われた際も、シンシナティ・レッズこそがメジャー最古のチームであるとそれを最大のセールスポイントに挙げている。

しかしメジャー最古のプロ野球チームは現在のシンシナティ・レッズではなくあくまでアトランタ・ブレーブスであり、かつてシンシナティ・レッドスットキングスと呼ばれていたチームである。

メジャーの歴史における初歩的な知識であるため、是非 抑えておいて欲しい知識でもある。




大失敗に終わるか!マイアミのジーター改革はどうなるのか?

戦略
01 /29 2019


昨年4月頃、私はツィッターでおおよそこう書きました。

「ルノーによるHOUやエプスタインによるCHCのタンキングとMIAが現在行っているジーター改革を混同してはならない。両者は似て非なるものである。これは創造的破壊と称するようなものでなく、ジーターによる理念なき破壊活動である。

ジーターのボーナス獲得が主眼となった極めてセルフィッシュな動きであり、基本的にこの動きは間違っている」

結果的に現在のMIAがこうなっています。

●観客動員 メジャー最低30位。10000人を切る寸前。
●プロスペクト充実度 ランキング メジャー最低30位。
●2018年 NL最低勝率。

現在の動きはジーターをスケープゴートにオーナーグループがコストカットによる徹底した利益の追求をしようとしているのはほぼ明らかである。ファームの層を厚くして再建を乗り出すという方向性そのものも完全に間違ったものではなく一見、流行にも思えるものであったが、当初から数多くの疑念の声はやむことがなかった。一方で「これは世に言うタンキングであり、将来を見据えた動きなのだ」と、たしなめるかのようなメジャー通の意見も数多く散見された。

しかしジーターというGMの無能のなせる業なのだろうか。メジャー最強の外野トリオを解散させた結果、マイアミはメジャーで最もファームの層が薄いチームへ変貌を遂げてしまっている。ジーター改革がもたらしたものとは、メジャーNLで最も弱く、最も将来に対しての展望が開けず、最も人気のないチームへMIAは転落したことを意味している。

ジーター改革について擁護するかのような立場を取り、先を見据えたメジャー通たちは、ジーター改革を今どう考えているのか。

結論

タンキングという表層的なものに目を奪われることなく、ジーターとルーノウの本質的な差異を的確に見抜いていかなくてはならないない。マイアミで起きている一連の動きはコストカットによって利益の最大化しか興味のないオーナーの投資会社ジャーマングループと素人GMジーターによるジーターのための(ボーナス獲得)単なるMIAを舞台にしたベースボールへの破壊活動である

ベースボールというものは公共財であることをオーナーが再認識するとともに、ステークホルダー全体に目を配るような経営スタイルを追求すべくMLB機構側がある程度のガイドラインを設定すべきではないか。ぜいたく税という名の金満チームへの規制だけではなく、タンキングという名の徹底したコストカットによる利益追求へ傾くスモールマーケットへの一定の規制も設けるべき時期に来ているのではないだろうか。

未来は可変的でもあり、作用があれば反作用あり、沈み込んだものもいつかは浮上する。沈み続けることもまた相応の難しさがある。しかし敢えてリスク承知で言うが、ジーターというGMがチームを指導する限り、MIAの勝利はなかなか覚束ないだろう

数年先の結果を見守るべきだという意見など、誰にでも言える。結果論で語るという的外れな揶揄も一部にあるようだが、常に未来に対しても旗幟鮮明をモットーにする当ブログとしては、もしこの予見が外れた際は、素直に謝罪をする。


バリー・ボンズは薬物の威力によって一体何本のHRを増やしたのか?

薬物問題
01 /27 2019


ある一人のホームランバッターのHR数を年齢別に並べてみます。

31才 33
32才 42
33才 40
34才 37
35才 34

さて、この打者が 36才から42才まで活躍するとしたら 具体的に何本くらい打つ可能性があるでしょうか?

36才 ?
37才 ?
38才 ?
39才 ?
40才 ?
41才 ?


これはナチュラルなボンズのホームラン記録を予測してもらおうと思って 敢えてボンズの名前は明かさぬままに 私が何気に質問したものです。みなさんならどう考えますか?ふつうなら 25 20 15 10 という推移を予測するのが一般です。誰もそこからキャリハイの大記録が出現することなど 予測する者はいないはずです。

通常では116本を積み重ねるとセイバーメトリクスでは分析されています。その結果がこうです。

2000年30本 (49本)、
2001年25本 (73本)、
2002年24本 (46本)、
2003年19本 (45本)、
2004年18本 (45本)

つまり ボンズが使用してなければ 500後半であったであろうとは予測されています。それは我々の感覚にも実にフィットするものです。そして()の中にある本数が実際に打った本数です。本来なら500後半のHRを762本まで伸ばした。ボンズがステロイドを使用したのは36歳の頃からであるという認識はほぼ定説になっており、170本前後は水増しされたと考えてもいいでしょう。

ふつうに考えて36歳から 300本以上HRを量産することなど、ナチュラルな状態ではありえません。せいぜい 36歳からならば150本を上積みするのが限界でしょう。最もステロイドの効果を発揮し 最も目立ってしまった選手こそ 史上最強の5ツールプレイヤーボンズだったということです。

こうしたセイバーメトリクスによるプロジェクションをボンズだけでなく、アンチドーピングプログラムが発動されていない時代に使用した者、ソーサやマグワイヤにも適応すれば、彼らがナチュラルな状態での成績をある程度予測することが可能になります。例えばソーサの成績を見ればどう控えめに見積もって66本を打った1998年に使用を本格的にし始めたと考えてもいいでしょう。

結論

おそらくステロイドを使用しなければ、セイバーメトリクスのプロジェクションからすればナチュラルなソーサの終身HRは400台だった可能性が極めて高い。であればソーサの通算打率等も総合的に勘案して殿堂入りはNGであると当ブログの結論とする。

このステロイド時代は一人ひとりを厳密にセイバーメトリクスのプロジェクション等も駆使しながら、限りなくフェアーな立場から判定していかなくてはならない。Aロッドはプログラム発動後の211試合もの出場停止を食らった完全なる違反であり、使用そのものは禁止されていなかったボンズやクレメンスと一色タンにしてはならない。

むしろ個人的な大きな謎は「なぜシリグが、Aロッドに永久追放という伝家の宝刀を抜かなかったのか」にある。

補足)

Aロッドは結局2013年8月8日211試合出場停止処分になるのですが、Aロッド永久追放も十分あると8月には皆の共通認識になってました。永久追放のえの字もネットに載ることはなかった7月初旬頃、自説としてなぜシリグは伝家の宝刀を抜きAロッドは永久追放になるとしたのか

なぜそう直観したのか 思い出せたら書きます。

2019年ドジャースの緊縮路線、その動きの裏にある戦略のキーポイントとは何か

戦略
01 /15 2019



これまでLADからアウトした主な選手の成績

グランダル 24HR OPS815 WAR3.6
マチャド  13HR OPS825 WAR2.4(LAD時代のみ)
ケンプ   21HR OPS819 WAR1.8
プイグ   23HR OPS821 WAR1.8

ウッド    9勝7敗 WAR2.6

チームWAR0.0で162試合をフィニッシュした時、52勝分に相当するとセイバーメトリクスでは設計されている。つまりWAR40.0を確保することがPO進出ということを目標にした時、GMがなすべき仕事の一つの目安となる。92勝できればギリギリでワイルドカードには引っかかると考えてもよい。

さてこれまでのLADの動きをみるとWAR12.2もの大戦力が流出した一方、INした選手はBOSから投手ジョー・ケリーWAR0.7、TORから捕手マーティンWARにしてわずか0.6にとどまっている。つまりこれらの意味するところは、LADの大幅な戦力をダウンを意味している。このままシーズンへ入って確実にPOへ歩を進めることができる計算に目処が立ってるとは到底言えない。

特に印象的なCINとのトレードは、完全なる不良債権であるベイリー28Mを引き受けつつ更に7Mを上乗せして、手に入れたのはCINチーム7位のプロスペクトに過ぎなかった。一方、ケンプ、ウッド、プィグ(3人合計の負担額は43M前後)はWARを見る限り、1WAR=8Mと計算すれば彼らの成績を見てもわかるようにふつうの優良債権であり、CINでも十分にローテや野手の主力を担う戦力であるとセイバーメトリクス的には認定される。

大型不良債権をLADに引き取ってもらい、かつ失っても惜しくないプロスペクトを差し出し、そのリターンとして経済的なリスクもほぼ皆無と言っていい大きな戦力を手に入れたCINにとっては、ほぼ一方的に勝利と言ってもいいトレードである。

LADとCINのトレード、間違いなく持ち掛けたのはLADからであり、ケンプとプィグを放出すべく譲歩に譲歩を重ねてウッドもプラスしてまでも、なんとかトレードをまとめたと見るのが自然である。

では、なぜこのような補弱のトレードをLADは実施したのだろうか。

ケンプ、ウッドについては前々から指摘しているようにチームケミストリーを重視するフリードマンの姿勢がはっきり示されたと言える。あるいは2019年にはFB革命による戦略がBOSのスモールな全員野球に木っ端みじんにWSでやられた反省から、小技や俊敏さ、状況に応じたシンキングする力も求める野球へ質の転換をする意図もあるのかもしれない。

またチームの目指すべき野球の方向性だけでなく、同時に財政的なチーム事情もある。

MLBにはデッドサービスルール(負債に関するルール)がある。LADオーナーサイドは球団を購入する際に多額の負債を抱えており、それを返済するため収入とバランスする毎年の支出(主に選手へのペイロール)をある程度抑制する必要性をMLB機構から迫られている可能性がある。MLB史上初のペイロール3億ドルを突破したLADにとって惜しみない投資によってチーム強化によるファンサービスも大事ではあるが、長期的に安定したサービスを提供するには財政の健全化を機構側から求められており、投資への回収をすべく債務を減らすことを義務付けられている。

あるいはデッドサービスルールの適用ではなく、単純に投資の回収を求めるオーナー側の意向に沿って、利益を求めて今しばらく贅沢税ラインを意識した窮屈な動きをしているのかもしれない。

いずれにしても内部の諸事情により、大胆な勝負に出ることができない緊縮の状況下にLADは置かれており、戦略上最大のアドバンテージであった分厚いデプスを薄くし補弱路線をせざる得ない現状がある。

WAR12.2の流出は単純かつ控えめに見積もっても10勝分の戦力がなくなったとセイバーメトリクス的には言えるのであり、つまり2019年のLADは7年連続の地区優勝を目標とはしつつも、同時にリスク管理としてワイルドカードを現実的に視野に入れなければならない状況にあると言える。

ではどういう動きをLADはすべきなのか。

NL2018年96勝1位MIL、2位95勝CHC、3位92勝LAD、4位91勝COL、5位90勝ATL

ALの東地区では100勝を超えるチームが2つも出たのも、裏を返せばBALが115敗などという歴史的な大敗を喫したからに他ならない。NL最下位のMIAでも97敗に過ぎない。89勝したSEAなども通常の年であればPO進出に大いにチャンスはあったものの、2018年に限ってはワールドカード枠にもほぼノーチャンスでシーズンを終盤を迎えることになった。

それをNLに置き換えるならばLADの立場からすれば中地区のMIL及びCHCの独走を阻止し、混戦になる動きをするのが戦略的にも理にかなっていると言えるのである。つまりLADが最低目標としてPO進出を設定し、ペイロールと同時に戦力をLADがダウンを余儀なくさせられる状況にあるならば、95敗も喫した最下位争いを繰り広げるCINへの主力級3人の戦力拡充することによって、結果的にCHCやMILの勝利数をダウンさせる狙いがCIN有利のトレードの裏にはある。

結論

ケンプ、プィグ、ウッドの放出は、チームケミストリー改善及び動かすことがほぼ不可能な制約条件であるペイロールの削減のみならず、ワイルドカードまでも睨んだ時、自分の戦力を低下を梃にライバルとして最終的に立ちふさがるであろうCHCやMILの勝利を削ぐための布石として行われた極めて戦略的なトレードである。

ここにLADが大幅な譲歩をしてまでも、NL中地区最下位であったCINこそがそのトレード先でなければならなかった最大の理由もある。

単にCINとのトレードだけを切り取ってみれば、LADのLoseと言っても過言ではない。しかしその1ディールの動きだけで勝った負けたと評価してもフリードマンの戦略的思惑がどこにあるかを把握することは難しいに違いない。LADのチーム事情や自他の戦力分析も勘案し、一連の動きの奥に潜み貫かれたある理念を洞察した時、フリードマンの戦略眼というものが明らかになるのである。





大谷翔平についてのスタンス

日本ハムOB・野球評論家・プロ野球ファン・日ハムファンから二刀流・大バッシングのまさしく四面楚歌だった新人時代から一貫して栗山監督及び大谷二刀流の擁護する立場を貫く。

メジャーに大谷レベルの選手いくらでもいるとした二刀流否定派・メジャー通による「ゴロゴロ大谷説」も日本ハム時代から一蹴。

当ブログのポリシー

「これは現代に繰り広げられる壮麗なサーガであり、神話という文脈の中で大谷翔平という選手を捉えなければ、その実相は決してわからない。」

写真は古代ギリシャの神殿。